韓国「偵察衛星貸して」 どこの国にも嫌われて貸してくれないwwwwwwwww

69bc011dd1a90fd0_S
1: 2017/12/30(土) 08:54:02.11 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
北朝鮮の核(水爆)・ミサイル実験でようやく危機を実感した
韓国政府と軍が混乱している。北朝鮮のミサイルに対抗する手立てが、
韓国には全くないことが明らかになったのだ。特に発射の瞬間を捉える
偵察衛星は諸外国に「貸してほしい」とレンタルを依頼したが、全て断られた。
韓国本土防衛の望みは暗い。
韓国では北の核・ミサイル開発に対抗し、防衛システム「キルチェーン」を構築し
本土を防衛することとしていた。韓国版「キルチェーン」とは、北の核・
ミサイル施設に先制攻撃をかけるプランで、ミサイル発射の兆候を偵察衛星で
把握し、発射場所を先制攻撃するもの。韓国空軍の戦闘機KF-16の
地上攻撃能力を向上させるなどの改造費も含まれる大規模な防衛計画だ。
ところが、このキルチェーンの第一歩となる偵察衛星を、韓国は持っていなかった。
中央日報(電子版)などによると、韓国防衛事業庁は8月25日、
レーダー搭載衛星4機と赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を
21年から3年間で打ち上げ運用する計画を発表した。しかし、この計画が
完成する23年までの約6年間は、北のミサイル発射の兆候を探知する手立てがない。
そこで韓国軍は偵察衛星の「レンタル」というアイデアを思いつき、諸外国に打診したのだ。

 その結果は、「貸し借りするという発想は最初から無理だった」
(韓国テレビ局SBS電子版)。韓国軍が打診したイスラエル、ドイツ、
フランスからは、いずれも「貸せない」という通知が9月11日までに届いたという。

http://www.sankei.com/west/news/171229/wst1712290011-n1.html


続きを読む

Source: GOSSIP速報