史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段が羽生善治3冠に勝利(画像・動画あり)

史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段が羽生善治3冠に勝利(画像・動画あり)


1

史上最年少棋士14歳・藤井四段が羽生3冠に勝利


将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。 

対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統。藤井は真剣勝負で羽生を負かしてみせた。

43ce456eaf56235d8f780cc4c471ebdd

史上最年少棋士14歳・藤井四段が羽生3冠に勝利  – Yahoo!ニュース 

藤井 聡太(ふじい そうた:2002/7/19生)


愛知県瀬戸市生まれ。
5歳で将棋を始め、10歳で棋士養成機関「奨励会」に入会した。
16年10月に14歳2か月で四段(棋士)昇段を果たし、現役最高齢棋士の加藤一二三九段(77)が保持していた14歳7か月の最年少記録を62年ぶりに更新。
加藤、谷川浩司九段(54)、羽生、渡辺明竜王(32)=棋王=に続く5人目の「中学生棋士」となった。 
145386_182143_img

藤井 聡太 – Wikipedia

羽生 善治(はぶ よしはる:1970/9/27生)


日本の将棋棋士。
二上達也九段門下。
1996年 将棋界で初の7タイトル独占を達成。
全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持(いわゆる「永世六冠」)。

さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、7つの永世称号の保持は史上初。
 
2013habu

羽生 善治 – Wikipedia
 

関連動画


 

最年少プロ棋士・藤井聡太四段 vs 羽生善治3冠 炎の七番勝負で羽生に勝利!
 

続きを読む

Source: GOSSIP速報