木村拓哉『無限の住人』”採点の低さ”に衝撃走る!!!

1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 12:12:51.66 ID:ID:CAP_USER9.net
映画『無限の住人』の4月29日の公開を控え、主演の木村拓哉(44)が作品のヒットを目指し、異例とも言える地方宣伝回りの日々を続けている。
ヒロインの杉咲花 (19)と巡る全国試写会は異例とも言える10カ所もの行脚。並々ならぬ熱意をうかがわせるが、芸能誌記者は次のように指摘する。

「木村のSMAP解散後の初仕事である1~3月期の主演ドラマ『A LIFE?愛しき人?』(TBS系)は、
浅野忠信(43)ら豪華共演陣を揃えながら平均視聴率14.5%と期待したほど振るいませんでした。
さらに『無限の住人』まで惨敗したら、解散騒動に伴う人気低下が既成事実化してしまう。
ジャニーズ事務所並びに木村本人の今作に掛ける思いはひとしおです」

そうしたなか、18日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、
試写会出席者らによるネットの口コミサイトでの作品の採点が5点中3点台にとどまり、早くも暗雲が立ち込めていることを伝えている。
PRを兼ねてのメディアへの露出も相次いでいるが、それも諸刃の剣。
4月10日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)でのインタビューでは、昨年末の『NHK紅白歌合戦』をSMAPが辞退したことを振り返り、

「NHKホールにいなかったのが、すごい……」
「正直ちょっと、ちゃんと応えられないのが残念だなとは思ったんですけど」

とぽつり。SMAP解散・紅白辞退を主張した4人組への愚痴とも受け取られる発言だったため、大きな波紋を呼んだ。
そんな空回り続きの木村に用意されたのが、カンヌ国際映画祭という檜舞台だったが、それも事態好転にはつながるかは疑問だという。

■失言に突撃…しくじり続きの”キムタクとカンヌとの縁”

「『無限の住人』はアウト・オブ・コンペティション部門での選出。パルム・ドールや男優賞を競うコンペティション部門ではなく、あくまで賑やかしのための“おまけ”。
世界的名声が得られるわけではありません」(スポーツ紙記者)

そもそも、木村はカンヌ訪問のたびに世間の失笑を買ってきた歴史がある。
2004年に脇役で出演した香港映画『2046』で初めてカンヌ進出した際、現地の感想を尋ねられて「カンヌって日本でいえば熱海みたいなとこ」などと映画関係者にとって羨望の地を、大衆的な温泉地に例えた。
2007年には主演映画『HERO』公開に合わせて、招待されてもいないのにカンヌに再び突撃。不可解な行動で世間を驚かせたが、ハートの強さだけは見せつけた。

こうした経緯をふまえての、10年ぶり3度目のカンヌ。ここで木村がお得意のドヤ顔でレッドカーペットを歩いたとしたら、またしても反発を招くのは必至。
映画のヒット、そして自身の今後の俳優生命を考えれば、ある程度自重した行動が求められる。

http://dailynewsonline.jp/article/1301880/
2017.04.18 11:45 デイリーニュースオンライン

18 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 12:20:44.10 ID:ID:6dHzJmY10.net
>>1
【月9歴代高視聴率ドラマ】  

*1位2001年 平均視聴率 34.2% 『HERO』木村拓哉★  
*2位1997年 平均視聴率 30.7% 『ラブジェネレーション』木村拓哉★  
*3位1996年 平均視聴率 29.6% 『ロングバケーション』木村拓哉★  
*4位1993年 平均視聴率 28.2% 『ひとつ屋根の下』江口洋介  
*5位1993年 平均視聴率 27.0% 『あすなろ白書』石田ひかり  
*6位1997年 平均視聴率 26.7% 『ひとつ屋根の下2』江口洋介  
*7位1992年 平均視聴率 26.4% 『素顔のままで』安田成美/中森明菜  
*8位2000年 平均視聴率 26.1% 『やまとなでしこ』松島奈々子  
*9位1989年 平均視聴率 26.0% 『教師びんびん物語2』田原俊彦★  
10位2004年 平均視聴率 25.2% 『プライド』木村拓哉★

続きを読む

Source: 芸能ネタはこれだけでおk