肥満大国アメリカで、ついにソーダ税が導入される

炭酸

1: NGNG?BRZ(11000).net

 日本ではお目にかかれないような斬新な税制度がアメリカで導入され始めている。それは、砂糖がたっぷりと溶けている炭酸飲料に課税する「ソーダ税」だ。市民の肥満解消を名目としたこの政策は、現地でも議論を呼んでいる。

ガーディアン紙によると、アメリカで初めてソーダ税が導入されたのはカリフォルニア州のバークレー市だ。

2015年3月からソーダ税が施行され、1オンスあたり1セントが課税される。1ドルのソーダ缶(12オンス)であれば12セント、2ドルの2リットルボトル(約68オンス)であれば68セントが課税されることになる。

 アメリカの非営利メディア『Plos Medicine』の研究によると、導入開始時の2015年3月からの1年間で、同市のソーダの消費量は9.6%減少し、その一方でソーダ税が導入されていない地域では6.9%もの上昇が見られた。

続きは以下ソース
http://newsphere.jp/national/20170506-1/

30: 2017/05/07(日) 11:38:11.51
お茶を飲めよ

33: 2017/05/07(日) 11:40:33.46
>>30
緑茶に砂糖を入れるくらいだから無理

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494123265/


続きを読む

Source: ガールズVIPまとめ